2017/09/28

四国遍路88サイクリングが、映画化! 四国遍路を世界遺産登録へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年 日本遺産の四国遍路の魅力を若い世代に伝え、
世界遺産登録への後押しをするために企画された
「四国遍路88サイクリング」

お遍路88箇所全てを自転車でまわり
その様子を動画で紹介、世界へ発信するという企画が
公益社団法人日本青年会議所 四国地区協議会によって行われました。

そして、2017年はさらに
世界遺産登録へ盛り上げるために

映画化します!

タイトルはすばり、

映画「四国遍路88サイクリング(仮称)」

です。

まだ、仮称です^^;

映画を撮影しながら、完成形をイメージして
ベストなものを今後発表致します。

映画化を応援する!っという方は
こちらをクリックして下さい。
映画「四国遍路88サイクリング」を応援する

なぜ、今年は映画化したのか?

昨年に行った企画は、一般公募でサイクリストを集めました。

一般公募なので、どの程度体力があるのか、チームワークはうまくいくのか、
などたくさんの不安の中の開催でした。

しかし、どのメンバーからも参加後には
「大変だったけど、楽しかった!また機会があれば参加したい!」
などの喜びの声をもらい大好評でした。

暑い日の撮影も多く、サイクリストも運営側も大変でしたが
88箇所それぞれのお寺の文化や歴史を感じ、各県の綺麗な風景に感動し
大変な道のりを超えるたびに、チームとしての結束力や達成感を
感じるお遍路旅になったのではないでしょうか。

終わってみて思うのは、

四国遍路ってやっぱりいいなぁ!って

ことです。

さらに日本の皆さん、世界の皆さんに
お遍路の良さを知ってもらい
世界遺産登録を目指す

そのために

映画化致します!

どんな映画になるのか、ご期待下さい!

昨年の四国遍路88サイクリングを簡単に紹介

一般的にお遍路は歩いてまわるイメージがあるので、
自転車だと簡単?なんて、思われている方もいるかもしれません。

しかし、お遍路道は、決して広くて平らな走りやすい道ばかりではありません。
「この道を自転車であがるの?無謀でしょ!」っと、思うほどの心臓が張り裂けそうな登り坂や、ガタガタと走りづらい道もあります。
1日の走行距離が150kmに達するような日もあったんです!

登りイメージの絵がサイクリストの心情をあらわしています。
急でしょ?ぱっと見はそこまでキツそうなイメージではないかもしれませんが
大変だったんですよ〜

とはいえ、このように大変なのは部分的なもので
お遍路道は、自然豊かな綺麗な場所ばかりです。

雲ひとつない空に、青々茂った緑の山がとても綺麗です。
こんなところを風を切りながら自転車で走ったら気分は最高!


景色だけではなく、土地ならではの食文化やお接待をしてくれる人々との
暖かい交流はお遍路旅ならでは、でしょうか。

サイクリングチーム、サポートチームが一丸となって
励ましあい14チームで88箇所全てを予定通り
参拝することができたのが2016年の四国遍路88サイクリングでした。

関連記事