2017/10/27

短編映画「四国遍路88サイクリング」(仮称) 気になる「ストーリー」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

12月上旬に愛媛県松山市で上映予定の短編映画「四国遍路88サイクリング」(仮称)
順調に撮影&編集が進んでおります!

と、言いたいところなんですが、
ちょうど撮影日に台風がぶつかって大変だったんです(泣)

それでも、公開予定日にむけてスタッフ一同頑張っておりますよっ
今回は、映画のストーリー(あらすじ)について紹介します。

「四国遍路88サイクリング」(仮称)とはそもそもどんな映画なのか、
お遍路をサイクリングで周るドキュメンタリー?と、
タイトルだけを読むと思うかもしれません。

ドキュメンタリーではありません。
言うならば、
「青春映画」
と言えるでしょうか。

青春映画とは、

青春映画(せいしゅんえいが)は、若者特有の夢や挫折、友情や初恋、冒険と旅立ちを描いた映画のジャンルである。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/青春映画 wikipedia 参照)

とのことです。

脚本を読んで確認してみると、

ふむふむ、、、、

夢あり!

挫折あり!

友情あり!

恋愛あり!

冒険あり!

旅立ちあり!

確認の結果、全部ありました!

青春映画のwikipediaの項目は、この映画のためなのか!?
というぐらいバッチリおさえています。
これまで「ビーチボーイズ」や「フラガール」などいろんな青春映画を見てきましたが
見たあとに、じわっと元気が出て来るんですよね。

僕のように、そんな経験をしたことのある方は、オススメです。

気になるあらすじをご紹介

では、ここであらすじを紹介致します。

「いつまでも学生気分でいられたら迷惑なんだけど、仕事に責任持てよ」

っと、上司に注意を受ける24歳OLの由紀。最近、彼氏ともすれ違いが続いて、結局別れてしまったことを親友で同い年の涼子に相談したばかり。

恋も仕事も上手く行かない由紀は、部屋で幼い頃に住んでいた四国の写真に手をのばし、愛媛の祖母の声を聞きたくなり電話をする。祖母からは、過去に祖母が辛い時の支えになったお遍路巡りをすすめられる。何か今を変えるきっかけがお遍路巡りにある!っと感じた由紀は、涼子と涼子の彼氏である賢人を誘い四国へ旅行に行くことに。

四国では、涼子と賢人は、観光へ。由紀は一人でお遍路をサイクリングで周ることとなった。順調にお寺を参拝する由紀。しかし、急な上り坂で転んでしまう・・・。

そこへ、偶然現れたお遍路参りをしている小学校からの同級生3人。そこから4人でのお遍路サイクリングが始まる。それぞれが悩みや希望を抱えながら、お遍路を自転車で巡る。

心が打たれる美しい四国の景色、佇まいから歴史を感じるお寺の数々、温かい地元の人との交流を通じて、4人の心に変化が・・・

それぞれの悩みや希望がどう変化していくのかは、映画を見た方のお楽しみです。
映し出される四国の景色やお寺の雰囲気を感じて、お遍路の良さも体感してもらえますし、
出演者たちの心の変化を感じることで勇気をもらえる作品となっています!

ちょっとだけ、映画のワンシーンを見せちゃいます。

颯爽と走る同級生4人組

香川県の讃岐うどんなど、四国グルメも登場!

空撮映像で、お遍路のお寺も出てきますよ!

短編映画「四国遍路88サイクリング」(仮称)は12月上旬に愛媛県松山市で上映予定です。

映画出演キャストと直接話ができる!?

キャストと直接話をする権利が欲しい人はこちら

 

関連記事