2017/05/26

お遍路サイクリスト3人、まる焦げになる 18番恩山寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画提供元:香川大学大学院 地域マネジメント研究科

遍路道7日目も終盤にさしかかり、残すところあと2つのお寺を残すのみとなりました。

井戸寺(いどじ)を出て、お遍路さんの前に立ちはだかる眉山(びざん)をぐるっと回り込むようにして南下。

小松島市の小高い山の中腹まで登ったところにある「恩山寺(おんざんじ)」が、お遍路サイクリストさんたちの次なる目的地です。

 

「恩山寺」は聖武天皇の勅願によって行基菩薩が開基した、「大日山福生院密厳寺」という女人禁制の道場が前身とされています。

その当時、この山の立江寺方面にある「花折り坂」という坂から上には、女性が入ることを許されていなかったとか。

 

弘仁5年(814年)、弘法大師がこの寺で修業をしていた際に、大師の生母の玉依御前(たまよりごぜん)が讃岐の善通寺(遍路75番札所)から訪ねてこられました。

大師は母を迎え入れるために、仁王門近くの瀧にうたれて17日間の修法を行い、女人解禁を成就させます。

玉依御前はやがてこの寺で出家して剃髪をされ、その髪を奉納されました。

そのできごとをうけて弘法大師は寺号を「恩山寺」と改め、自らの像を刻んで安置したと伝えられています。

 

弘法大師が母を迎え入れた記念に手植えしたと伝えられている毘欄樹(びらんじゅ)は、徳島県の天然記念物に指定されているそうですよ。

 

 

お遍路サイクリストさんたちは今、眉山が見えるところまでやってきました。

雲ひとつない青空。

晴れ渡る天気で、日光は容赦なく降りそそぎます。

 


岡田さんが、前方の山を指さしながらスタッフさんに質問しています。

 

「これ『眉山』っていう山?」

 

スタッフ : 「ええ、眉山ですね。」

 

 

「よく聞くから・・・眉山って。」

 

どの方向から眺めても眉みたいに見えることから名づけられたそうですね。

とくしま88景に選ばれていたり、市内あちこちの校歌に出てきていたりと、徳島市のシンボル的な存在となっています。

 


それにしても雲はどこへ行った!

 

輝く太陽は容赦なくアスファルトを焦がします。

 

ジリジリジリ・・・

 

岡田さんたちの肌に浮かぶ汗が、一瞬で蒸発していくようです。

 

「う~う~・・・」

 

 

「暑い~。」

 

スタッフ : 「すっごい暑いですね。」

 

「どんどん暑くなってる~。」

 

まる焦げの岡田さんが出来上がりそう。

 


20km弱の道のりを走り抜け、坂道の先にある恩山寺の駐車場が見えてきました。

 


ここでも岡田さんが一番乗り。

まる焦げになっていなくてよかった(笑)

 


続いて西浦さんが上がってきました。

もうちょっとがんばって!

 


清水さんも到着です。

 

スタッフ : 「お疲れさまでーす。」

パチパチパチ

拍手で迎えられます。

 

スタッフ : 「ゴールっぽい雰囲気だけど、まだゴールじゃないですから(笑)」

 

「あれ、もういっこありましたっけ?」

 

ハイ、ありますよ~。

 


ワイルドに水分補給。

 

「セブンイレブンの-4℃コーラ飲んだらメチャクチャうまいんじゃないかな。」

 

 

「いいっすね~。コーラ・・・」

 

 

 

「うまいッ!」

 

水分補給をしてゴキゲンな西浦さんですが、首もとの色が・・・

 

女性スタッフ : 「ゴムの跡が付いてる!」

 

 

「ゴム焼けした(笑)」

 

 

「まじっすか!?」

 

女性スタッフ : 「ウン。」

 

「うふふ(笑)」

 

 


それも勲章ですよ♪

 


セミの鳴き声が木々や空に吸い込まれていきます。

記念撮影を終えたら、手を清めて本堂へ向かいましょう。

 


ろうそくを頂いて・・・

 


読経します。

 

いちばん右で導いてくださっているのは

日本青年会議所四国地区協議会
お遍路文化発信委員会
委員長の豊島先達です。

・・・

 

読経も終わりましたので、駐車場に戻って出発しましょう。

 


あるき道で西浦さんにお話しを聞いてみます。

 

女性スタッフ : 「ちょっと、細くなりましたよね?」

 

「や、もう細くなるでしょ、これ・・・」

 

ずっと元気にしている西浦さんですが、さすがにお疲れのようす。

 

 

「うおっと。」

 

階段を踏み外してしまいました。

耳まで真っ赤に火照っていて、膝にも力が入らなくてガクガクしているようです・・・

もう少し階段と下り坂が続きますよ。

気を付けて。

 

 

♪「パーパパパパーパー、パーパパパパーパー」♪

3人とも疲労のピークを迎えていますが、西浦さんがトトロのテーマを歌って盛り上げます。

 

「よっしゃっ!」

 

いよいよラストラン、笑顔で行きましょう!

 


がんばってくださ~い!

関連記事