2017/07/09

愛染明王の功徳でお遍路サイクリストの暑さと煩悩を吹き飛ばせ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画提供元:香川大学大学院 地域マネジメント研究科

7番札所「光明山十楽寺(こうみょうざんじゅらくじ)」の寺名は、弘法大師が名づけられました。生・老・病・死などの四苦八苦を乗りこえて、10の光明と楽しみが得られるようにとの願いが込められています。大師ご自身が刻まれた阿弥陀如来像が、御本尊としてまつられたそうです。

本堂の左前には、「治眼疾目救済地蔵尊(ちがんしつめきゅうさいじぞうそん)」が安置されています。古くから眼病、失明した人たちを数多く治してきたと伝えられています。今でも、尊像の前には、熱心に祈るお遍路さんの姿が後を絶ちません。

7番札所の「十楽寺」にやってきました。

朱色の体に白い脚でドッシリと構えた山門です。鐘楼門(しょうろうもん)とも呼ばれ、2階に大きな鐘が吊るされています。

お昼をまわって、いちばん暑い時間帯です。今日はとにかくいい天気ですから。

そうですね。
山門をくぐると、中門の登場です。どちらも白い脚があって、「竜宮門形式」と呼ばれます。

山門と違って質素な風情です。別名「遍照殿(へんしょうでん)」といいます。
2階には、「愛染明王(あいぜんみょうおう)」がまつられた「愛染堂」があります。

手水場(てみずば)です。岩を伝って水が流れているようです。
溝が彫られているように見えますが、長い間水が流れつづけて、自然と削れたらしいです。
あなどれませんね、水の力も。

本堂です。お賽銭(さいせん)を入れて、力強く鐘を鳴らします。
山本さん、鐘の鳴らし方が達人的です。鋭い鐘の音が、暑さを切り裂くようです。シビレます。

蝉の声に負けないで。

お勤めご苦労さまです。

そうそう、愛染明王さまにお会いしましょう。
正面に見えるのが中門、

なんと、きらびやかな。
天井も、窓が映り込むほどピカピカです。

両側には、たくさんの小さな仏様がいらっしゃいます。

獅子の冠をかぶり、真っ赤に燃える日輪の後光がさしています。煩悩(ぼんのう)と愛欲を悟りに変える功徳(くどく)をお持ちだそうです。
すごい迫力です。じっと見つめていると、本当に煩悩が焼きつくされて、心が清らかになっていくみたいです。

この時間帯は特にそうですね。しっかりと補給しましょう。

次に向かう8番札所「熊谷寺(くまだにじ)」の場所を確認中・・・

気をつけて、行ってらっしゃい。

関連記事