2017/07/16

自転車でお遍路はしんどかったけど楽しかった! 11番藤井寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画提供元:香川大学大学院 地域マネジメント研究科

42歳の厄年(やくどし)を迎えられた弘法大師は、ご自身の厄難をはらい、衆生が安らかであるようにと願って薬師如来像を彫造して、お堂を建てました。三方を山に囲まれ、渓流の清らかな仙境に心を惹かれたといいます。お堂の前に5色の藤を植えたのが、「藤井寺(ふじいでら)」という名前の由来です。

藤井寺は、真言密教の道場として栄えましたが、数度の火災に見舞われます。現在の伽藍は、万延元年(1860年)に再建されたものです。御本尊は「厄除け薬師」として親しまれており、国の重要文化財に指定されています。

10番札所の切幡寺(きりはたじ)を出発したお遍路サイクリストのみんなは、11番札所の藤井寺に向かっています。本日最後のお勤めです。そろそろ到着してもいいころなのですが・・・

ちょっとトラブルが発生したようです。
寺尾先達が、電話で道順を教えてあげます。

でも、なかなか到着しません・・・さすがに心配になってきました。

すぐに見つかるといいですが。

お遍路サイクリストのみんなは、きっと疲れきっています。
JCスタッフのみんなにも、不安の色が隠せません。

豊島委員長が見つけてくれました。よかった。
スタッフのみんなも、とりあえず一安心です。

来たーっ!
よかった、ついにゴール。

イェー!
山本さんも笑顔でお出迎え。

みんな到着、やりました! お疲れさまでした。

行きすぎたんじゃないかと思って、止まって地図を見ようとしたら、ちょうど電話がかかってきたそうです。
よかったですね。

本日、最後の参拝に向かいます。

正面に本堂が見えてきました。お数珠を受け取ります。

本堂に到着です。

今日、導師をつとめた寺尾先達、最後の般若心経です。

蓮と藤棚の緑が、とてもみずみずしいですね。
藤の木は、悪疫退散の祈願のあと、弘法大師がお手植えされたと言われています。4月下旬から5月上旬にかけて、見事な5色の藤が咲きほこります。

なんと、真夏だというのに。
それにしても、緑と紅の組み合わせが絶妙ですね。とてもきれいです。

紅葉の先に見える曲がりくねった道。ちょっと神秘的です。
不思議の世界につづいているのでしょうか?

あらためて、今日の参加メンバーをご紹介します。
1人ずつ感想を聞いてみましょう。

今日、1番から11番まで終わったので、今後お遍路をつづけていくきっかけになればいいかな、と思っています。
今日は、本当にどうもありがとうございました。楽しかったです。

最後の最後で道に迷ったり、1人リタイアしたり、いろいろありましたが、楽しかったです。
ありがとうございます。

走り出して1か月くらいなんですけど。
ゴールできて、これにこりず、たぶんハマってます。また機会があれば、出たいと思います。
お願いします。楽しかったです。

ずっとみんなを和ませてくれた山本さん
ご設営いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
私は、ちょっと力不足を痛感いたしましたが、来られた方が楽しまれたので何よりです。
引きつづきガンバってください。よろしくお願いします。

読経が終わりました。
今日の1日を振りかえって、深く感謝をささげます。

思わず笑みがこぼれました。

ようやく肩の荷が降りた感じですね。

みなさん、とても暑い中をガンバリました。ほんとうにお疲れさまでした。

関連記事