2017/09/10

スリル満点、逆遍路ころがし!怖い、楽しい、気持ちイイ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画提供元:香川大学大学院 地域マネジメント研究科

20番鶴林寺(かくりんじ)の参拝を無事に終えた三人のサイクリストは、21番大龍寺(たいりゅうじ)へ向かって標高478mの高さから50m付近まで遍路ころがしの坂を一気に下ります。

 

あんなに長くしんどかった上り坂を今度は下るのです。

なにやらスリルとサスペンス、スピード狂にはたまらない、冒険のにおいがプンプンします。

 

行きはしんどい、帰りはスリル満点の逆遍路ころがし!

そんなわけで早速気をつけて行ってみましょう。

 

気持ちイイ・・・そんな独り言を言いながら、サングラスが良く似合うサイクリスト登場!

 

本日のサイクリスト・・行きの上り坂では見事な走りを見せてくれた田村さんです。

下りはきっと楽しいはず、サングラスの下からそんな表情がうかがえます。

 

サイクリストたちを裏からサポートしてくれる運営スタッフのみなさんが見送ってくれます。
彼らなしでは、お遠路サイクリングなんて成り立ちません。
本当にありがとうございます。感謝を込めて行ってまいります。

二人目、岡田さん登場。登りは大変だったけど下りはきっと楽しいはずです。
気をつけて行ってらっしゃ~い!

そして三人目、喜多さんです。
下りは楽だけどその分危険が伴いますので、くれぐれも気を付けて楽しんで
行ってらっしゃいませ。

鶴林寺を出発したこの地点はジェットコースターでたとえるなら、一番てっぺんのところです。
体力的には楽ですが、スピードを出しすぎると事故りますから気をつけて。

登っている時は、自転車こぐのに必死で気づかなかったと思いますが、みなさんが登ってきた坂はこんなにすごかったのです。

さすがに二度と登りたくないと思っているようですね、岡田さん・・
下りは、違う意味で大変ですからね。事故にはくれぐれも気をつけてください。

ほら、どんどんスピードアップしちゃうでしょ。しかも対向車!ちょっとこれヤバイよ~!

それにしても、すばらしい森林です。マイナスイオン全開、スピードもどんどん加速中!
サイクリング好きにはたまらないでしょうね。自然の癒しと風を全身で受けながらスリルも
味わえる・・これも遍路ころがしを登りきったご褒美でしょうか。

カーブです。あぶないからエンジンブレーキかけて・・・あっ、ちがう、これチャリなんだ。
こけたらシャレにならないですから、あんまりスピード出さないで!

これだけ長い坂を下ると、どんどん加速してしまいます。
「いや~こわいぐらい」と岡田さんがつぶやきます。自転車なのでスピードをコントロールするのがむずかしいのです。もし、この瞬間にイノシシでも飛び出してきたら・・・
やめて~、こわいこと言わないで!

分岐点には道に迷わないようにスタッフの方が立っていてくれます。
ほんとうにありがたいです。スタッフのみなさんご苦労様です。
お世話になってます!

分岐点を右に曲がると、よりきれいに舗装された道路に出てきました。路面の摩擦抵抗が少なくなるとますますスピードがアップします。まるでF1カナダグランプリの車載カメラの映像を見ているみたいだ!景色の良さとスピード感がたまらない。

おいおい、なんだこの大量の土嚢(どのう)は?がけ崩れのあと?それともごみ?
いずれにしても、危険な障害物に変わりはありません。ボーとして、このスピードで突っ込んだら
・・・考えるだけでもゾッとします。

大きな道路に出てきました。
道幅が広くなるとスピード感が鈍り、恐怖心もなくなります。その分景色を楽しむ余裕が
できるはず・・3人はどんな気分で走っているのでしょうか。

見てください!青い空と白い雲、深い緑・・こんなすばらしい景色をながめながらのサイクリング
もう最高です!

登りとちがって楽しそうですね~、さっそうと三人がやってきました。
スタッフにタッチを求める笑顔の岡田さん。

田村さんもこのポーズ。気持ちよさそうです!

喜多さん、ポーズ・・・なし!
登りで大変だった分、下りはとても楽しそうなご様子。笑顔で走ります。

三人一緒に走るのがサイクリングだよね~、いいね、やっぱり。

お遍路道って、サイクリングコースとしては日本で5本の指に入るんじゃないかって思うほど
最高のロケーション。

岡田さんが後ろの田村さんと喜多さんに注意を促します。
安全第一のお遍路サイクリング、三人のチームワークもバッチリです。

道も平たんになり、リラックスしたのか岡田さんと田村さんがなにやら会話を始めた模様・・
でも話す内容がすごいですよね~・・なに、トライアスロン?・・出るの?

岡田さんはトライアスロンの大会に出るよう勧められているようです。でも泳ぎが苦手ならやめた方がいいんじゃないでしょうか。

泳ぎが苦手だからと言ってるのに、田村さんが「大丈夫、いける!」と岡田さんをプッシュします。
でも、トライアスロンは遍路ころがしとはレベルが違うので、さすがの岡田さんもかなり慎重になっているみたいです。

職場の先輩に、トライアスロンの大会に出ようよって誘われるんですけど
泳ぎだけは・・と岡田さん。
泳ぎが苦手なら危険だし、やはりやめた方がいいと思いますよ。

ええええ~、最初から出る気満々だったのね~、それ早く言ってよ~!

普通の人にはトライアスロンなんて何でやるの?と思うかもしれませんけど、好きな人はたまらないのです。岡田さんもきっと出たくてしょうがないのでしょうね。

そりゃあ浮くけど・・・トライアスロンって泳いで、自転車こいで、最後にマラソン走るんですよ。
遍路ころがしの坂とは次元がちがうんです。・・・なんて、今更そんなことを言っても岡田さんは絶対に挑戦するのでしょう。

お遍路には、人それぞれの理由でやって来ますが、もしかしたら岡田さんは、トライアスロンの大会に出場する決意を固めるために、このお遍路サイクリングに参加したのかもしれません。
本人に聞いてみないとわかりませんが・・・

遍路ころがしのガンバリをみればトライアスロンも完走できるかもしれません。
岡田さんの挑戦、みんなで応援しましょう。

トライアスロンにチャレンジ!がんばれ岡田さん!

田村さんと喜多さんも、これからガンバレ~!

そんな話をしていたら、あっという間に目的地に着きました。所要時間約10分。
楽しいとあっという間、メチャクチャ早い!

ここでも3人をスタッフが出迎えてくれます。「お疲れ様です」と声をかけてくれますけど、
そのお言葉、そのままスタッフのみなさんにお返ししたい。
本当にありがとうございます。

今回の目的地に無事に到着!
遍路ころがしの逆バージョンはちょっとこわかったけど、メチャクチャ楽しくて
メチャクチャ気持ちイイ!最高でした。

これからロープウェイに乗るんですね。
まるで修学旅行にでも来た気分です。これまたワクワクします。
こんな楽しいサイクリングでよいのでしょうか?

すばらしいスタッフに支えられ、お遍路サイクリングはまだまだ続きます!

関連記事