2017/05/04

遍路ころがしを超えた先、焼山寺の景色は最高!12番焼山寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画提供元:香川大学大学院 地域マネジメント研究科

四国一の「遍路ころがし」と言われる焼山寺道。

「遍路ころがし」とは言葉の通り、お遍路さんが転んでしまうほど険しい道のこと。

標高938mの8合目あたりにある焼山寺に、遍路サイクリストの三人もなんとか到着しました。

一息ついて元気になったところで、さっそくお寺へ参拝に伺いましょう。

駐車場から本堂へ続く道は、さすが山の上にあるだけに自然がいっぱいです。

立ち並ぶ高い木々や苔むした岩肌が、神秘的な雰囲気を高めていますね。

音が吸い込まれたように静かな木陰の参道は、遍路ころがしで疲れ切ったお遍路さんの心を休ませてくれます。

参道は気持ちいい木漏れ日が差しています。

そよぐ風はひんやりとしていて、清水さんの口から思わず「涼しいですね。」と言葉が出ました。

 


道中は岡田さんが質問攻めに。

岡田さんは焼山寺を訪れるのはこれが3回目だそうです。

前の2回は車で来たんだとか。

今回は自転車で景色をゆっくりと眺めながら登れて楽しかったそうです。

 

・・・

 

きらきらと降り注ぐ木漏れ日に誘われて、おもわず上を見上げると・・・

 


ハッとする美しさでした。

 

 

「マイナスイオンが見えるな」

 

 

「うふふ♡」「見えますか?」

 

 

 

本当に見えそうです。

 


ここで仲間に加わっていただいたお仲間を紹介します。

本日お先達をしてくださる小川さん(愛称じょにぃ)です。

朱の金剛杖を手にされていますね。

 


小川さんと共に、山門への階段を登ります。

何段くらいあるんだろう。

一歩一歩踏みしめます。もうひと頑張り。

山門にて一礼を忘れずに。

 


大きな木々に囲まれた山門をくぐると、奥に本堂が見えてきました。

まだまだ登りますよ。

 

道はよく手入れが行き届いていて、頭が下がります。

 


到着しました。こちらが焼山寺の本堂です。

 


その右にあるのが大師堂。

大師像が拝顔できるそうです。

 


まずは手を清めて・・・

冷たくて気持ちいい。

 


ろうそくを頂きます。

 


小川先達に丁寧に教えていただきながら読経します。

 

・・・

 

無事、焼山寺の巡拝を終えることができました。

 

 

ここでキャンパスボーイのお二人にお話を聞いてみましょう。

 

レポーター : 今の気持ちを一言お願いします。

 

 

「やりきりました!」

 

 

「やりきりましたね~」

 

 

「お疲れ様でした!」

 

 

「まだ終わりませんよ!」

 

 

レポーター : 完走されるということでしたが・・・

 

 

「ちょっと不甲斐ないことに、ねぇ・・・」

 

 

「ええ。まぁまぁまぁ、ちょっと遅かったんですけど・・・」

 

 

完走はできました!

 

 

してへんがな!」 ベシッ

 

 

 

 

「でも心はスッキリしましたよね。」

 

 

「はい、もう清められたという感じで・・・」

 

 

「このあとの立江寺まで、きゃんぱっていきたいですね!」

 

 

「そうですね。きゃんぱります!」

 

 


鼻息も荒く、語っていただきました。

 


山門を出て、最後に景色を眺めていきましょう。

 


見てください。この雄大な眺め。

年甲斐もなく「ヤッホー」と叫びたくなります。

 

え、清水さん叫ぶんですか?

 

 

 

ヤッホー!

 

 

「ヤッホー ヤッホー・・・

 

 

「いやいや、うしろからやまびこやってるやん!」

 

 

「ほんまにやまびこ聞こえたやろ?」

 

 

「ほんまに? ヤッホー

 

 

「ヤッホー ヤッホー・・・

 

 

「いや、いうてるやん!」

 

 

「←こっちから聞こえるはずなのに、→こっちから声がきてるんだよね。」

 

 

「もう一回やってみて(笑)」

 

 

ヤッホー

 

 

何回言うね~ん♪

 

 

オイオイ

 

 

焼山寺からの景色を十分に楽しんだみなさん。

そろそろ次に向かう時間になりました。

・・・駐車場に戻って出発準備です。

 


お先達してくださる小川さんと、あらためてご挨拶。

岡田さんのFacebook友達だそうですよ。

 


小川さんはバイクで同行してくださいます。

 


ありがたいですね。

 

 

「次は大日寺めざして頑張るぞ!」

 

 

お~!

関連記事